ロバート リテル(英語表記)Robert Littell

現代外国人名録2012の解説

ロバート リテル
Robert Littell


国籍
米国

専門
作家

生年月日
1935

出生地
ニューヨーク市

経歴
長く「ニューズウィーク」誌の東欧およびソ連駐在の記者をつとめたあと、1970年ごろに退社。居を南フランスに移し、地中海べりの農家で暮らしながら文筆活動に専念する。’73年初めてのスパイ小説「The Defection of A.J.Lewinter(ルウィンターの亡命)」を発表。大きな反響を呼び、各国でベストセラーとなるとともに、同年度のCWA賞ゴールデン・ダガー賞を受賞する。その後も相次いで話題作を発表し、人気作家の地位を確立。他の作品に「迷いこんだスパイ」(’79年)、「チャーリー・ヘラーの復讐」(’81年)、「スリーパーにシグナルを送れ」(’86年)、「赤葡萄酒のかけら」(’88年)、「最初で最後のスパイ」(’90年)、「ロシアの恋人」(’91年)、「目覚める殺し屋」(’96年)、「CIA ザ・カンパニー」(2002年)など。

受賞
CWA賞ゴールデン・ダガー賞〔1973年〕「The Defection of A.J.Lewinter」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android