コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロヒラ族 ロヒラぞく Rohilla

1件 の用語解説(ロヒラ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロヒラ族
ロヒラぞく
Rohilla

ルヘラ族ともいう。 18世紀に北インドヒマラヤ山麓一帯の肥沃なロヒルカンド地域を支配したアフガン系の民族。ロヒラ戦争 (1774) に完敗してアワド王国に併合された。インド=アーリア語派の言語を話し,共同家族制度と自治的な村落共同体のうえに支配的な国を打建てていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロヒラ族の言及

【ロヒルカンド】より

…前5世紀ころの十六大国時代のパンチャーラ国の北部にあたり,古い歴史をもつが,歴史時代を通じて諸外来民族による侵入と征服が繰り返された。ムガル帝国の衰退に乗じて1740年代以降アフガン系のロヒラ族が支配し,地名は同族に由来する。74年にイギリス東インド会社軍の支援を得たアウド王国に併合され,さらに1801年にイギリス領となり,インド独立時に及んだ。…

※「ロヒラ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロヒラ族の関連キーワードアリーガル運動グルジャラ族ターラプラティーハーラ朝ヤバナシンハラサンジョアンデルヘイインターナショナルヘラルドトリビューン《北インドのカースト制度》ヘラマンタイトン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone