ロブソン[山](英語表記)Mount Robson

世界大百科事典 第2版の解説

ロブソン[山]【Mount Robson】

カナダ,ブリティッシュ・コロンビア州東部にある高山。標高3954m。カナディアン・ロッキー山脈中の最高峰で,氷河をもつ巨大な岩峰を突出させた姿は圧巻である。付近はロブソン山州立公園に指定され,この東には隣接してジャスパー国立公園があり,一大山岳自然公園地域となっている。【正井 泰夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロブソン[山]の言及

【カナディアン・ロッキー[山脈]】より

…長さ約2000km。最高峰ロブソン山(3954m)をはじめ3000mを超す山が連なる。ロッキー山脈のアメリカ部分よりも一般に高度は低いが,現存する氷河の数と量ははるかに大きい。…

※「ロブソン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android