コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロブ・ノール[湖] Lopnuur

世界大百科事典 第2版の解説

ロブ・ノール[湖]【Lopnuur】

中国,新疆ウイグル(維吾爾)自治区タリム(塔里木)盆地東端にあった塩湖。漢代,〈塩沢〉,〈蒲昌海〉などと呼ばれ,その水が地下を経て黄河になると考えられた。19世紀末以来のヘディンスタインらによる探検の結果,湖に入るタリム川,孔雀河の河道変化のために移動するとされ,〈さまよえる湖〉といわれたが,今日では湖域の移動は一定小範囲を超えるものではないという説が出されている。1960年代以降,両河川流域での灌漑による取水量の急増で湖への流入量が激減し,今日では塩殻におおわれた砂漠をみるのみである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロブ・ノール[湖]の関連キーワード塔里木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android