コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロペス・ポルティーリョ ロペス・ポルティーリョLópez Portillo, José

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロペス・ポルティーリョ
López Portillo, José

[生]1920.6.16. メキシコシティー
[没]2004.2.17. メキシコシティー
メキシコの政治家,大統領(在任 1976~82)。フルネーム José López Portillo y Pacheco。国立メキシコ自治大学で法学を学び,国立メキシコ大学で法学,政治学,行政学の教授を務めたのち政界に身を転じた。グスタボ・ディアス・オルダスルイスエチェベリア・アルバレス大統領のもとで要職を歴任,1971年財務大臣に就任し,手腕を発揮した。1976年の大統領選挙にエチェベリア・アルバレス大統領の指名を受けて立候補し,当選。大統領就任後,少数派の政治参加を促すなど政治改革を断行,さらに油田開発に力を入れ,石油の輸出拡大で空前の好景気をもたらした。しかし,政権内で汚職の蔓延を許し,1981年の石油価格の下落で巨額な対外債務を抱えて経済危機を招いた。カリスマ的指導者として国民から慕われたが,翌 1982年任期満了に伴い退任。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロペス・ポルティーリョの関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相チルデン映画理論小作争議小協商地主制

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone