コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマンチック・バレエ romantic ballet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマンチック・バレエ
romantic ballet

ロマン主義運動の影響を受け,19世紀前半につくられたバレエ。精霊,死霊,悪霊などが登場し,それらに人間が憧れ,恋し,破滅するといった筋を,幻想的,神秘的に表現する。ときには世俗的で異国情緒あふれる作品も多い。主導者は T.ゴーチエ。代表的なバレエ・ダンサーは M.タリオーニ,F.エルスラー,C.グリジらで,彼女たち舞姫はユゴーやハイネらの作品にみられる魂の世界の視覚化,両性具有の表象化を果して熱狂的に偶像視された。特にタリオーニが踊った『ラ・シルフィード』 (1832) はロマンチック・バレエの傑作とされる。また,この舞台で使われた軽い鐘状のスカートがロマンチック・チュチュの原形といわれ,トゥ・シューズとともにロマンチック・バレエの典型的な衣装となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロマンチック・バレエの関連キーワードペロー(Jules Joseph Perrot)スウェーデン王立バレエ団パリ・オペラ座バレエ団デンマーク王立バレエ団アントン ドーリンパ・ド・カトルブルノンビルアクロバットサン・レオンコッペリアチェリートプティパモンテス白鳥の湖ばらの精フラッチドーリンコラリペロージゼル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android