コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマン主義経済学 ロマンしゅぎけいざいがくRomantische Schule der Volkswirtschaftslehre; romantic school of economics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマン主義経済学
ロマンしゅぎけいざいがく
Romantische Schule der Volkswirtschaftslehre; romantic school of economics

ドイツのロマン主義的思想家 A.ミュラーの経済思想を受継いだ経済学。おもに第1次世界大戦以後オーストリアの経済学者 O.シュパンらによって主張された。その主張は「全体は個体に先行する」という全体主義的・有機的国家社会観に立ち,社会および経済現象は個体に先行するより高い全体との関連において理解すべきであるとする。したがってこの派の経済学は,個から出発する従来の経済学を個別主義として排し,ナチズムの社会経済論の基礎的理念を提供することとなった。なお彼らと理論的構成を異にするが,フランスの J.シスモンディもこの学派に入れられる面をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android