ロマン ギルシュマン(英語表記)Roman Ghirshman

20世紀西洋人名事典の解説

ロマン ギルシュマン
Roman Ghirshman


1895.10.3 - 1979
フランスのオリエント考古学者。
ハリコン(ソ連)生まれ。
1931年イラン調査隊隊長、’41年フランスのアフガニスタン考古学派遣団団長を務める。イランの先史や古代遺跡の調査の指揮や、イラク・アフガニスタンの遺跡の発掘を行う。彼らが発見した遺跡としてラガシュテペ・シアルクなどの先史遺跡や、チョガ・ザンビル、ビーシャープールなどの歴史時代の遺跡等があり、オリエント古代史の大要発見に多大なる貢献をした。著書に「イラン、その起源からイスラーム時代まで」(’50年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ロマン ギルシュマン

生年月日:1895年10月3日
フランスの考古学者
1979年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android