ロラン夫妻(読み)ロランふさい

世界大百科事典 第2版の解説

ロランふさい【ロラン夫妻】

フランスの政治家夫妻。夫ジャン・マリーJean‐Marie Roland de la Platière(1734‐93)は,フランス南部ロレーヌ県に生まれ,リヨンの絹織物工業検査官となる。彼が1780年に結婚したマノン・フィリポンJeanne‐Marie(またはManon Philipon)Roland de la Platière(1754‐93)はパリの彫刻師でブルジョアの家庭に生まれ,少女時代から啓蒙思想に心酔し,才媛とうたわれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android