ロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチ(英語表記)Lorenzo di Piero de' Medici, duca di Urbino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチ
Lorenzo di Piero de' Medici, duca di Urbino

[生]1492.9.12. フィレンツェ
[没]1519.5.4. フィレンツェ
イタリア,フィレンツェの政治家。1513~19年にフィレンツェを統治した。ニッコロ・マキアベリから『君主論』を献上され,国民軍を編成して外国の侵攻を排除しイタリアを統一すべきだと進言された。1512年,メディチ家はフィレンツェに返り咲き,ロレンツォの父ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチの弟ジュリアーノ・デ・メディチが 1年間フィレンツェを統治したが,1513年8月ロレンツォに統治権を禅譲した。しかし野心家のロレンツォは,フィレンツェ政府の頂点に立ったものの共和制機関による数々の制限のため身動きがとれず,絶えず教皇レオ10世の支配を受けるという状態に不満をいだいた。一方,教皇は親族の勢力拡大を望み,ウルビノ公フランチェスコ・マリーア・デッラ・ローベレを口実を設けて追放,ロレンツォをウルビノ公にして権限を正式に授与した。やがてローベレが臣民の歓迎を受け帰還すると,ロレンツォは公位の奪還のため長い戦争を経なくてはならず,戦闘中に負傷した。1519年に病気と不摂生のため死亡。オーベルニュ伯女マドレーヌと結婚し,カテリーナ(→カトリーヌ・ド・メディシス)をもうけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android