コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロワー・カナダ Lower Canada

翻訳|Lower Canada

世界大百科事典 第2版の解説

ロワー・カナダ【Lower Canada】

カナダのケベック州の古称。1791年から1841年まで使用された。セント・ローレンス川下流地域を意味する。1763年イギリスはフランスから継承した北アメリカ植民地をケベックと称した。その後アメリカ独立革命により多数の王党派(ローヤリスト)がケベック植民地に来住し,オンタリオ湖近辺にフランス系カナダ人とは別の社会を形成した。彼らはケベック法による統治を嫌ったので,1791年イギリス政府はここを二つの植民地,アッパー・カナダとロワー・カナダに分割した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロワー・カナダの言及

【カナダ】より

…それもフランス人が定住していた地域へイギリス人が赴いたのであるから,軋轢は当然である。91年,ケベックは二分されて,ケベック法を遵守するロワー・カナダと,イギリス式の政治・経済制度を採るアッパー・カナダの二つの植民地が成立した。カナダにとって宿命的な問題,フランス系とイギリス系の対立抗争はここに決定的となった。…

【ケベック[州]】より

…しかし,フレンチ・インディアン戦争で1763年に勝利を得たイギリスは,ニューオーリンズに至る広大な版図と約6万5000人のフランス系住民を支配下に収めた。イギリスはケベック法(1774)を制定して,フランス民法,フランス語,カトリック教の維持を認めたが,アメリカ独立革命の結果ケベック植民地の西方に王党派(ローヤリスト)が到来し,彼らはケベック法による封建的統治を嫌い,1791年同植民地は東西に分割され,東のフランス系住民の多い地域はロワー・カナダ植民地となった。ロワー・カナダは農業を主要産業とし,聖職者の影響力が強かったが,19世紀も半ば近くなると,政治の民主化を求める運動が生じた。…

【パピノー】より

…イギリス領北アメリカ,ロワー・カナダ植民地の政治家。1837年のロワー・カナダにおける反乱の指揮者として知られる。…

※「ロワー・カナダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ロワー・カナダの関連キーワードマッケンジー(Sir Alexander Mackenzie)アッパー・カナダラ・フォンテーヌロワー・カナダケベック(市)ダラム報告カルティエカナダ史ローリエパピノーアボット連合法