コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドンデリー包囲戦 ロンドンデリーほういせんSiege of Londonderry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンドンデリー包囲戦
ロンドンデリーほういせん
Siege of Londonderry

1689年4~7月,名誉革命後のアイルランドにおけるウィリアム3世軍とジェームズ2世軍との攻防戦。フランス援軍とともに,ティアコネル伯と合流したジェームズは,アルスター地方に進攻してロンドンデリーに迫った。当時同市にはアルスター地方のプロテスタントが避難して人口約3万人になり,守備隊長 R.ランディは投降を申入れたが,市民たちが決起して投降を拒否し,約 7000人の市民が武装して籠城。ジェームズのカトリック教徒軍は市を包囲した。6月なかばウィリアムは P.カークを救出指揮官として派遣したが,彼が慎重に準備しているうちにロンドンデリーでは食糧が底をついた。ついにカークも決意し,7月 30日軍艦『ダートマス』号と食糧輸送船を送り込み,防材を破砕して市に到着,105日間の籠城から解放した。その間に約 5000人が死亡。しかしジェームズ軍は同市を占領しえず,8月2日にはニュートンバトラーで敗北し,ウィリアム3世は危機を脱した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロンドンデリー包囲戦の関連キーワードインノケンティウスクルムス義山理忠ハノーバー市庁舎サンバージーアレクサンデル8世イギリス・フランス植民地戦争井原西鶴シュパイエル中ロ関係

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android