ロンドンデリー包囲戦(読み)ロンドンデリーほういせん(英語表記)Siege of Londonderry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンドンデリー包囲戦
ロンドンデリーほういせん
Siege of Londonderry

1689年4~7月,名誉革命後のアイルランドにおけるウィリアム3世軍とジェームズ2世軍との攻防戦。フランス援軍とともに,ティアコネル伯と合流したジェームズは,アルスター地方に進攻してロンドンデリーに迫った。当時同市にはアルスター地方のプロテスタントが避難して人口約3万人になり,守備隊長 R.ランディは投降を申入れたが,市民たちが決起して投降を拒否し,約 7000人の市民が武装して籠城。ジェームズのカトリック教徒軍は市を包囲した。6月なかばウィリアムは P.カークを救出指揮官として派遣したが,彼が慎重に準備しているうちにロンドンデリーでは食糧が底をついた。ついにカークも決意し,7月 30日軍艦『ダートマス』号と食糧輸送船を送り込み,防材を破砕して市に到着,105日間の籠城から解放した。その間に約 5000人が死亡。しかしジェームズ軍は同市を占領しえず,8月2日にはニュートンバトラーで敗北し,ウィリアム3世は危機を脱した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android