コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドン証券取引所(London Stock Exchange)

外国為替用語集の解説

ロンドン証券取引所(London Stock Exchange)

年間の取引総額は約6兆米ドル、上場企業の株式時価総額においてもヨーロッパ最大の証券取引所。60を超える国々から450以上の企業が上場し、世界で最も国際的な取引所。1698年、ロンドンのシティにある「ジョナサンズ」というコーヒーショップにて、初めて組織的な取引が行われ、1773年、150人の株式仲買人が「ニュージョナサンズ」で組合を結成、名称を証券取引所に変更。1801年3月3日、現代的な取引がスタートし、ロンドン証券取引所のもととなる。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

ロンドン証券取引所(London Stock Exchange)の関連キーワードクリストファー ランバートグラクソ・スミスクライン東京証券取引所(東証)ANAホールディングスニューヨーク証券取引所ギルト・エッジド証券リーマン・ブラザーズロイター(通信社)クララ ファース証券取引所の再編国際取引所連合NTTドコモ東京エイム三菱電機SEAQシティーAIMLSETDK武富士

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android