ロヴィス コリント(英語表記)Lovis Corinth

20世紀西洋人名事典「ロヴィス コリント」の解説

ロヴィス コリント
Lovis Corinth


1858.7.21 - 1925.7.17
ドイツの画家
東プロイセンのターピアウ生まれ。
ケーニヒスベルクの美術学校を出、1884年よりパリのアカデミー・ジュリアンでアドルフ・ブグローに学ぶ。ミュンヘン写実主義の影響を受け、1900年よりベルリンで活動。ドイツ印象派の中心的画家。ベルリン分離派同盟の有力メンバーの一人。作風は写実的なものから色彩筆致の自由奔放さを示し、晩年は表現主義的傾向が強まる。作品は「ミュンヘンのアトリエからの眺め」「ヴァルヒェン湖畔での自画像」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「ロヴィス コリント」の解説

ロヴィス コリント

生年月日:1858年7月21日
ドイツの画家
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android