ローカルアクセス(読み)ろーかるあくせす(英語表記)local access

図書館情報学用語辞典の解説

ローカルアクセス

利用者自身が資料の収載された物理的媒体を操作する電子資料の利用形態(例:CD-ROMをCD-ROMドライブ装置に挿入して利用する場合).一方,同じCD-ROMがCDチェンジャーに搭載されている場合,利用者は直接CD-ROMに触れることなしに利用が可能である(この場合をリモートアクセスという).このように,電子資料は,物理的媒体が同一でも利用形態が異なることがあり,書誌情報を記録する際も,利用形態の違いに応じた書誌記述が必要となる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android