ローズ(Peter Edward Rose Sr.)(読み)ろーず(英語表記)Peter Edward Rose Sr.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローズ(Peter Edward Rose Sr.)
ろーず
Peter Edward Rose Sr.
(1941― )

アメリカのプロ野球選手(右投左右打)、監督。大リーグ(メジャー・リーグ)のシンシナティ・レッズフィラデルフィア・フィリーズ、モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)で一塁手、二塁手、三塁手、外野手としてプレー。全力プレーで「チャーリー・ハッスル」とよばれて親しまれた。4256本の通算最多安打記録の保持者。1984年からはレッズで監督も務めた。

 4月14日、オハイオ州シンシナティで生まれる。1960年、レッズに入団。1963年大リーグに昇格し、打率2割7分3厘、ホームラン6本、打点41、盗塁13をマークして新人王に選ばれた。1965年に打率3割1分2厘をマークすると、1973年まで9年連続して打率3割以上を記録。その間、1968年、1969年、1973年と3回首位打者を獲得した。なかでも1973年は地区優勝に貢献し、最優秀選手(MVP)にも選ばれた。1975年から、ふたたび5年連続打率3割以上をマーク。当時、チームは黄金時代を迎えており、万能二塁手ジョー・モーガンJoe Leonard Morgan(1943―2020)、長距離砲ジョージ・フォスターGeorge Arthur Foster(1948― )、主砲ジョニー・ベンチらとともに強力な打線を形成して「ビッグレッド・マシン」とよばれ、1975年と1976年に2年連続してワールド・シリーズを制した。1978年にはナショナル・リーグのタイ記録となる44試合連続安打を達成。翌1979年にフィリーズへ移籍。1984年にはエクスポズに移ったが、同年途中でレッズに戻り、監督兼任となった。1986年限りで選手としては解雇されて引退となったが、引き続き監督として指揮はとった。しかし、野球賭博(とばく)により1989年8月に永久追放となった。以降、球界への復権運動を続けている。

 選手としての24年間の通算成績は、出場試合3562、安打4256、打率3割3厘、本塁打160、打点1314。獲得したおもなタイトルは、新人王、首位打者3回、最多安打7回、MVP1回、ゴールドグラブ賞2回。監督としての通算成績(6年)は412勝373敗。

[山下 健]

『ピート・ローズ著、伊東一雄監修・訳『挑戦する624人の大リーガー』(1988・日之出出版)』『ピート・ローズ、ボブ・ハーツェル共著、池田郁雄訳『ピート・ローズの野球教室』(1981・ベースボール・マガジン社)』『ピート・ローズ著、土屋一重訳『ピート・ローズのハッスル野球教室』(1979・報知新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android