コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゼンブラット:自作主題によるユダヤ風ファンタジー/2 pianos 4 hands Fantasy on the own theme in jewish manner

1件 の用語解説(ローゼンブラット:自作主題によるユダヤ風ファンタジー/2 pianos 4 handsの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ローゼンブラット:自作主題によるユダヤ風ファンタジー/2 pianos 4 hands

ある夜ローゼンブラットはこの作品のメロディの夢を見たという。朝起きてこのメロディを書きはじめた。そしてユダヤ民族の伝統的音楽の語法を用いてそれをベースファンタジーを作曲した。ほんの少しジャジーな部分 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローゼンブラット:自作主題によるユダヤ風ファンタジー/2 pianos 4 handsの関連キーワードローゼンブラット:パガニーニの主題による変奏曲/piano soloローゼンブラット:エチュード・イン・ブルー/piano soloローゼンブラット:「カマリンスカヤ」~2つのロシアの主題によるファンタジー/2 pianos 4 handsローゼンブラット:ビゼーの「カルメン」の主題によるファンタジー/2 pianos 4 handsローゼンブラット:タンゴ/2 pianos 4 handsローゼンブラット:ワルツ・エレジー/2 pianos 4 handsローゼンブラット:日本の歌によるファンタジー~日本の未来である、チャーミングな世玲音に捧ぐ~/2 pianos 8 handsローゼンブラット:アヴェ・マリア/1 piano 4 handsローゼンブラット:ローラ/2 pianos 4 handsローゼンブラット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone