コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローソナイト lawsonite

世界大百科事典 第2版の解説

ローソナイト【lawsonite】

ローソン石ともいう。化学組成はCaAl2Si2O7(OH)2・H2Oで,斜方晶系に属する造岩鉱物の一つ。短柱状,ときに(001)に平行な板状または塊状結晶で,白色または帯青白色。モース硬度6,比重3.09,{100}と{001}に完全なへき開がある。変成岩に限って産し,ランセン石岩相を特徴づける鉱物の一つである。【青木 謙一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローソナイトの関連キーワードローソン石曹長石緑泥石相藍閃石相

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android