コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローソナイト lawsonite

1件 の用語解説(ローソナイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ローソナイト【lawsonite】

ローソン石ともいう。化学組成はCaAl2Si2O7(OH)2・H2Oで,斜方晶系に属する造岩鉱物の一つ。短柱状,ときに(001)に平行な板状または塊状結晶で,白色または帯青白色。モース硬度6,比重3.09,{100}と{001}に完全なへき開がある。変成岩に限って産し,ランセン石岩相を特徴づける鉱物の一つである。【青木 謙一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローソナイトの関連キーワードクランドロマイト陽起石ローソン条件ケーソン化学組成一致熔融ローソン石曹長石相ローソン石曹長石緑泥石相フォークト‐ラッセルの定理

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone