コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローダーデール(伯) ローダーデール[はく]Lauderdale, James Maitland, 8th Earl of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローダーデール(伯)
ローダーデール[はく]
Lauderdale, James Maitland, 8th Earl of

[生]1759.1.26. ミッドロージアン
[没]1839.9.13. ベリックシャー
イギリスの政治家,経済学者。エディンバラ大学,グラスゴー大学で法学を学び,初め弁護士となり,1780年と 1784年下院議員に選出。父の死により伯爵位を継ぎ,1790年上院議員。最初はホイッグ党左派として活動,1821年トーリー党に移り,1830年以降公生活から引退。経済に関する多数の著書があるが,主著『公共の富の性質と起源に関する研究』Inquiry into the Nature and Origin of Public Wealth(1804)で富の定義や節約の美徳観などの点でアダム・スミスの『国富論』を批判。同時代人にはトマス・ロバート・マルサス以外にほとんど影響を与えなかったが,需給説や利潤の生産力説などでのちに注目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ローダーデール(伯)の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]ポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)大英博物館河北門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android