コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロービジョンケア ろーびじょんけあLow Vision Care

知恵蔵miniの解説

ロービジョンケア

通常の眼科治療では視力、視野、色覚といった視機能の低下(ロービジョン)が回復せず、日常生活に困難を抱えている人への支援の総称。患者が残された視機能を最大限に活用し、快適で自立した生活を送れるよう、眼科専門医が適切な助言や指導を行う。主な支援内容に、点字や日常生活の訓練が受けられるリハビリ施設の紹介、視覚補助具や音声機器のアドバイス、特別支援学校や職業訓練施設の紹介、福祉制度の情報提供、心理ケアなどがある。ロービジョンケアは欧米で提唱・発達したとされ、日本では2012年4月に眼科の正式な医療行為として認められ、健康保険の適用が可能になった。

(2014-6-4)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロービジョンケアの関連情報