コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロービジョンケア ろーびじょんけあ Low Vision Care

1件 の用語解説(ロービジョンケアの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ロービジョンケア

通常の眼科治療では視力、視野、色覚といった視機能の低下(ロービジョン)が回復せず、日常生活に困難を抱えている人への支援の総称。患者が残された視機能を最大限に活用し、快適で自立した生活を送れるよう、眼科専門医が適切な助言や指導を行う。主な支援内容に、点字や日常生活の訓練が受けられるリハビリ施設の紹介、視覚補助具や音声機器のアドバイス特別支援学校職業訓練施設の紹介、福祉制度の情報提供、心理ケアなどがある。ロービジョンケアは欧米で提唱・発達したとされ、日本では2012年4月に眼科の正式な医療行為として認められ、健康保険の適用が可能になった。

(2014-6-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロービジョンケアの関連キーワード眼科周辺視光覚視力障害馬島清眼全色盲後天色覚異常井上達也河本重次郎スネレン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロービジョンケアの関連情報