コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマの噴水

デジタル大辞泉プラスの解説

ローマの噴水

イタリアの作曲家オットリーノ・レスピーギの交響詩(1914-16)。原題《Fontane di Roma》。『ローマの泉』とも呼ばれる。のちに作曲された『ローマの松』、『ローマの祭り』とともに、ローマ三部作と呼ばれる。ローマ有数の観光名所であるトレビの泉をはじめ、ローマ市内の四つの噴水に着想を得た作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローマの噴水の関連情報