コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマの噴水

デジタル大辞泉プラスの解説

ローマの噴水

イタリアの作曲家オットリーノ・レスピーギの交響詩(1914-16)。原題《Fontane di Roma》。『ローマの泉』とも呼ばれる。のちに作曲された『ローマの松』、『ローマの祭り』とともに、ローマ三部作と呼ばれる。ローマ有数の観光名所であるトレビの泉をはじめ、ローマ市内の四つの噴水に着想を得た作品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ローマの噴水の関連キーワードオットリーノ レスピーギ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローマの噴水の関連情報