コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ・クラブ Club of Rome

翻訳|Club of Rome

世界大百科事典 第2版の解説

ローマ・クラブ【Club of Rome】

イタリアの著名な実業家であり知識人であるペッチェイAurelio Peccei(1908‐84)を中心に〈地球の有限性〉という共通の問題意識をもつ世界各国の知識人が集まって結成した任意の団体。1968年にローマで初会合を開いたことから,この名で呼ばれる。クラブメンバーは最大100人と決められているが,97年6月現在で正会員は37ヵ国80人,名誉会員,準会員を含めると50ヵ国148人が参加している。メンバー構成は,科学者,経済学者,プランナー,教育者,経営者など多彩であり,日本からも正会員3名,名誉会員2名が参加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のローマ・クラブの言及

【生活の質】より

…このように〈より多く〉よりも〈より良く〉という価値観として,世界的には1965年ころからクオリティ・オブ・ライフ(QOLと略称)という言葉が使われはじめ,日本でも70年から経済企画庁が社会指標として〈生活の質〉の指標化にとりくんでいる。72年ローマ・クラブ報告書《成長の限界》の中で使われて以来,広く使われるようになった。生活の質を個人の意識の問題として満足感・充足感として定義する見解,個人生活をとりかこむ社会的環境の問題として暮しやすさとして定義する見解,その両者を統合する見解があり,社会指標として使われる場合は第3の見解がとられている。…

【世界秩序】より

…これには大きくいって2種類ある。一つは,未来の世界システムがどうなるか予測を行うものであり,たとえばローマ・クラブの最初の報告《成長の限界》(1972)は,このような色合いが強い。もう一つは,望ましい未来の世界秩序を選択しようとするものである。…

※「ローマ・クラブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローマ・クラブの関連キーワードミチャイ・ヴィラヴァイディアベリッシモ・フランチェスコハッサン・ビン・タラールマクロエンジニアリングエネルギー外交[日本]マーティン リーズシミュレーショングンター パウリA. ペッチェイデニス メドウズ第1次地球革命ローマ・クラブ駒井 健一郎経済学説史成長の限界環境倫理学環境問題奥田 東大島恵一巨大科学

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android