コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローリア Lòria, Arturo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローリア
Lòria, Arturo

[生]1902. カルピ
[没]1957. フィレンツェ
イタリアの小説家。『ソラーリア』『レッテラトゥーラ』『アルゴメンティ』など各誌に拠り,フィレンツェの作家グループに参加。若年にして数多くの短編を発表。第2次世界大戦中は人種的迫害を逃れてアメリカに亡命,コロンビア大学で教鞭をとった。帰国後,夢と現実を織り交ぜた短編集『70の寓話』 Settanta favole (1957) を出版した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ローリアの関連キーワードハウプトマン(Gerhart Hauptmann)ザンクトフローリアン修道院カナディアン・パシフィックジェームズ・M. ヴォスヨースタイン ゴルデルジョルジュ プレートルマイケル ムアコックラルフ ヒュッタープランタウアーウィルグループクラフトワークエドゥアルド志願者のミサブルックナーバロンドールドクソロジアカレイジャスグローリアスメノッティプーランク

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android