コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロールズの公正 ロールズのこうせいRawls' Justice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロールズの公正
ロールズのこうせい
Rawls' Justice

ロールズの正義ともいう。アメリカの哲学者 J.ロールズにより 1971年に提示され,経済学者に多大な影響を与えた所得分配の公正にかかわる理論。この考え方は差別原理とも呼ばれる。社会的に公正な仕組みとは人々がいまだ社会における位置づけが定まらないうちに選択する社会制度であるとする。各個人は相互に両立する範囲内で最大限の自由を等しく享受でき,社会的不平等は,社会的弱者の厚生が確保され,すべての構成員が機会平等である場合にのみ許容できるとする。この結果,社会的公正の尺度は,最も恵まれない人の公正の度合いで測ること (マクシミン基準) になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロールズの公正の関連キーワードラディカル・エコノミクスロールズ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android