ローレン バコール(英語表記)Lauren Bacall

20世紀西洋人名事典の解説

ローレン バコール
Lauren Bacall


1924.9.16 -
米国の女優。
ニューヨーク市ブルックリン生まれ。
本名Betty Joan Perske。
ジュリア・リッチモンド・ハイスクール等で学ぶ。ファッションモデルとしても活躍しながら、舞台「Johnny2×4」(1942年)でデビュー。映画には、’44年「脱出」に出演。’45年ハンフリー・ボガードと結婚し、「3つ数えろ」(’46年)、「キー・ラーゴ」(’48年)等で夫婦共演。私生活ではボガードと死別後、フランク・シナトラとの噂もあり、その後、’61年ジョースン・ロバースと結婚するが、’69年離婚。’70年トニー賞最優秀女優賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ローレン バコール
Lauren Bacall


国籍
米国

専門
女優

本名
Betty Joan Perske

生年月日
1924/9/16

出生地
ニューヨーク市ブルックリン

経歴
ファッションモデルを経て、1942年ニューヨークで舞台デビュー、’44年「脱出」で映画にデビューする。微笑を見せぬクールなセックス・アピールで一躍人気を集め、’45年共演したハンフリー・ボガートと結婚。以後ボガートとコンビを組み、「三つ数えろ」(’46年)「潜行者」(’47年)「キー・ラーゴ」(’48年)などに出演、’40年代を代表するハード・ボイルド映画のヒロインとして活躍した。’50年代以降は「百万長者と結婚する方法」(’53年)「求婚専科」(’64年)などのロマンチック・コメディに出演、また舞台にも復帰し「アプローズ」(’70年)、「Woman of the Year」(’81年)などで大ヒットを飛ばす。他の映画出演作に「オリエント急行殺人事件」(’74年)、「ラスト・シューティスト」(’76年)、「ミザリー」(’90年)、「プレタポルテ」(’94年)、「マンハッタン・ラプソディ」(’96年)、「ドッグヴィル」(2003年)など。’57年ボガートと死別。’61年ジェーソン・ロバーズと再婚するが’69年離婚。’78年自伝「ローレン・バコール/私自身」を出版し、ベストセラーとなった。’94年続編「ナウ」を著わす。

受賞
トニー賞主演女優賞(ミュージカル部門,第24回)〔1970年〕「アプローズ」;全米図書賞〔1980年〕「ローレン・バコール/私自身」;トニー賞主演女優賞(ミュージカル部門,第35回)〔1981年〕「Woman of the Year」;ゴールデングローブ賞セシル・B・デミル賞(第50回,1992年);ゴールデングローブ賞助演女優賞(第54回,1996年度)〔1997年〕「マンハッタン・ラプソディー」;ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・カメラ賞(第47回)〔1997年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android