コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローン湾 ローンわんFirth of Lorne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローン湾
ローンわん
Firth of Lorne

イギリススコットランド西部,アーガイル・ビュート西岸の湾。別綴 Firth of Lorn。大西洋の入り海で,カレドニア運河の南西端をなすリニ湾の入口に浮かぶリズモア島から南西へ,西のマル島と東のスコットランド本土との間に広がる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローン湾
ろーんわん
Firth of Lorne

イギリス、スコットランド西岸、大西洋に向かって開けるフィヨルド。北東―南西に延びるカレドニア地峡の南端部を占め、カレドニア運河によりネス湖を経て北海へ小舟の航行が可能。南岸には、マル島などヘブリディーズ諸島の島々と結ぶ航路の拠点オーバン港がある。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android