コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローヴィル岩 ローヴィルがんrouvillite

岩石学辞典の解説

ローヴィル岩

優白質のセラル岩で,等粒状の斜長石(53%)と連晶状の粒間のネフェリン(27%)が,少量のチタンオージャイト,褐色角閃石などと混じって含まれる岩石[O'Neill : 1914].マフィック鉱物の量は15%以下である.カナダ,ケベック(Quebec)州,ローヴィル(Rouville)郡セント・ヒライア(St. Hilaire)山に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ローヴィル岩の関連キーワード優白質

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android