コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイオタプ ワイオタプ

1件 の用語解説(ワイオタプの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワイオタプ【ワイオタプ】

ニュージーランド北島の観光地ロトルアの中心部から車で約30分南下したところにある火山地帯。◇現地名は「Wai-O-Tapu Thermal Wonderland」。「ワイオタプ」は「神聖な鉱水」という意味で、北島の中部を代表する地熱活動エリアになっている。この地域には炭酸ガスが噴き出る大きな「シャンペン池」、鉱物が混じり合って変色する「画家のパレット」、色鮮やかな鉱物段丘、毎朝規則正しく1時間ほど噴き上げる間欠泉などがあり、自然がつくり出す神秘的な光景に遭遇する。敷地内には3つのウォーキングコースも用意されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイオタプの関連キーワードニュージーランド亜区カウリとうほくニュージーランド村ニュージーランド交響楽団ロトルア・ニュージーランドマラソンニュージーランドマアジニュージーランド・ハンタウェイニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)ニュージーランド・ラグ (New Zealand Rug)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone