コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイスゲルバー ワイスゲルバー Weisgerber, Leo

2件 の用語解説(ワイスゲルバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイスゲルバー
ワイスゲルバー
Weisgerber, Leo

[生]1899.2.25. メッツ
[没]1985.8.8. バートゴーデスベルク
ドイツの言語学者,ケルト語学者。ボン大学教授。 W.フンボルトの言語観を発展させた,言語と世界像との関連の研究で知られる。主著『母国語と精神形成』 Muttersprache und Geistesbildung (1929) ,『ドイツ語の世界像について』 Vom Weltbild der deutschen Sprache (2巻,53~54) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイスゲルバー
わいすげるばー
Leo Weisgerber
(1899―1985)

ドイツの代表的言語学者、ケルト語学者。1968年までボン大学教授。ヘルダーフンボルト、とくに後者に従い、言語は人間活動のあらゆる文化領域と民族の歴史的生命に対する基本的な成果であるとし、「エネルゲイア的言語学」で、「世界の語化」により生じる「言語の世界像」を求めようとする。第二次世界大戦後60年代に至るドイツの言語研究、教授法を主導し、ドイツ語にもっとも寄与した人に与えられる旧西ドイツの第1回ドゥーデン賞(1968)を受賞した。[寺川 央]
『福本喜之助訳『言語と精神形成』(1969・講談社) ▽池上嘉彦訳『バイスゲルバー「母国語の世界像」』(『文化人類学と言語学』所収・1970・弘文堂) ▽福本喜之助・寺川央編訳『現代ドイツ意味理論の源流』(1975・大修館書店) ▽福本喜之助著『フンボルトの言語思想とその後世への影響』(1982・関西大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイスゲルバーの関連キーワード顰めっ面メッツォメッツォソプラノメッツォピアノメッツォフォルテトレメッツォキリン メッツ グレープフルーツキリン メッツ コーラキリン メッツ ワイルドチャージ360メッツォ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワイスゲルバーの関連情報