ワイセルベルクの戦い(読み)ワイセルベルクのたたかい(英語表記)Battle of Weisser Berg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ワイセルベルクの戦い」の解説

ワイセルベルクの戦い
ワイセルベルクのたたかい
Battle of Weisser Berg

白山の戦い,ビーラ・ホラの戦いとも呼ばれる。三十年戦争初期の戦いの一つ。プラハ西方,ワイセルベルクで,1620年 11月8日,神聖ローマ皇帝フェルディナント2世にそむいた H.M.トゥルンの率いるボヘミア,ドイツのプロテスタント同盟軍が J.ティリーの率いるオーストリア,ドイツ,スペインのカトリック連合軍と戦って完敗した。これより前,19年ボヘミアの新教徒はプロテスタント同盟の盟主ファルツ選帝侯フリードリヒ5世をボヘミア王に擁立していたが,この戦いに敗北したフリードリヒオランダに逃れ,わずか一冬だけのボヘミア王に終ったのでボヘミアの「冬王」と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android