コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法 Weizsäcker-Williams method

1件 の用語解説(ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法【Weizsäcker-Williams method】

二つの粒子の衝突の場合,それぞれ静止エネルギーよりも相対的運動エネルギーがはるかに大きくなっていると,制動放射(Bremsstrahlung)が放出されるが,このエネルギーを求める方法.一方の粒子を静止したものと仮定すると,他方の粒子は仮想的な光子の集合と等価であり,静止した粒子によってこれらの光子の集合が散乱(コンプトン散乱*)を受けるものとして計算される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法の関連キーワード整合静止エネルギーバーン量子もつれ各部流流粒子流ヴァイツゼッカー‐ウィリアムズの方法ド=モルガンの法則ランダウのゆらぎ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone