コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法 Weizsäcker-Williams method

法則の辞典の解説

ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法【Weizsäcker-Williams method】

二つの粒子の衝突の場合,それぞれの静止エネルギーよりも相対的運動エネルギーがはるかに大きくなっていると,制動放射(Bremsstrahlung)が放出されるが,このエネルギーを求める方法.一方の粒子を静止したものと仮定すると,他方の粒子は仮想的な光子の集合と等価であり,静止した粒子によってこれらの光子の集合が散乱(コンプトン散乱*)を受けるものとして計算される.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法の関連キーワードワイゼッカー‐ウィリアムズの近似コンプトン散乱

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android