ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法(英語表記)Weizsäcker-Williams method

法則の辞典の解説

ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法【Weizsäcker-Williams method】

二つの粒子の衝突の場合,それぞれの静止エネルギーよりも相対的運動エネルギーがはるかに大きくなっていると,制動放射(Bremsstrahlung)が放出されるが,このエネルギーを求める方法.一方の粒子を静止したものと仮定すると,他方の粒子は仮想的な光子の集合と等価であり,静止した粒子によってこれらの光子の集合が散乱(コンプトン散乱*)を受けるものとして計算される.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android