ワイゼルベルク岩(読み)ワイゼルベルクがん(英語表記)weiselbergite

岩石学辞典の解説

ワイゼルベルク岩

玻璃(はり)質安山岩あるいは石英安山岩質松脂岩で,微晶質(microlitic)組織が輝石安山岩に類似している.斜長石と輝石の結晶が斜長石とオージャイトの微晶とそれらを充填したガラスの石基に含まれている.石基は玻璃基流晶質(hyalopilitic)または毛氈状(pilotaxitic)の組織である[Rosenbusch : 1887].ドイツ,ナーエ地方のワイゼルベルク(Weiselberg)に産出する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android