コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイゼルベルク岩 ワイゼルベルクがん weiselbergite

1件 の用語解説(ワイゼルベルク岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ワイゼルベルク岩

玻璃(はり)質安山岩あるいは石英安山岩質松脂岩で,微晶質(microlitic)組織が輝石安山岩に類似している.斜長石と輝石の結晶が斜長石とオージャイトの微晶とそれらを充填したガラスの石基に含まれている.石基は玻璃基流晶質(hyalopilitic)または毛氈状(pilotaxitic)の組織である[Rosenbusch : 1887].ドイツ,ナーエ地方のワイゼルベルク(Weiselberg)に産出する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイゼルベルク岩の関連キーワード輝石安山岩変朽安山岩化作用サントリン岩トスカニー岩流紋石英安山岩ウンガ岩粗面岩質デーサイトネオ安山岩玻璃安山岩オリゴクレース安山岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone