ワイツ(読み)わいつ(英語表記)Georg Waitz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイツ(Georg Waitz)
わいつ
Georg Waitz
(1813―1886)

ドイツの歴史家。シュレスウィヒのフレンスブルクで商人の家に生まれる。キール大学で法学を修めたのち、ベルリン大学でランケに師事してその高弟となった。1842年キール大学教授となり、48年にはキール選出のフランクフルト国民議会議員として活動したが、49年政界を引退してゲッティンゲン大学教授となり、以後研究、教育に専念して「ゲッティンゲン学派」の創始者となった。ドイツ中世史料集成、いわゆる『モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ』の編集長として活動した。また、主著『ドイツ国制史』(八巻)、ダールマンと共編の『ドイツ史料集』(『ダールマン・ワイツ』ともよばれる)などにより、ドイツ史研究の基礎を築いた。[岡崎勝世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android