コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイドXGAなど Wide XGA

パソコンで困ったときに開く本の解説

ワイドXGAなど

 通常の画面より横幅が広く、その分、横方向の解像度が高い能力をもった表示モードのことです。一般的には、ワイドXGAは1280×768ドットワイドSXGAは1440×900ドット、ワイドSXGA+は1680×1050ドット、ワイドUXGAは1920×1200ドットです。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報