コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイベル ワイベル Waibel, Leo Heinrich

2件 の用語解説(ワイベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイベル
ワイベル
Waibel, Leo Heinrich

[生]1888
[没]1951
ドイツ生れの地理学者ハイデルベルク大学ヘットナーに学び,1922年からキール大学,29~37年ボン大学で教え,のちにアメリカに渡ってウィスコンシン大学ミネソタ大学などで教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワイベル【Leo Waibel】

1888‐1951
ドイツの地理学者。キール大学,ボン大学教授等を歴任。農業地理学アフリカおよびブラジルなどにおける地域研究で優れた研究業績を上げた。A.ペンクやA.ヘットナーの高弟。自らはJ.シュミットヒューゼン,F.バルツ,K.J.ペルザー,G.ファイファーなどの逸材を育てた。1933年には《農業地理学の諸問題》(邦訳あり)を著し,生態的相観的方法とチューネン理論を結びつけた経済生態系ともいうべき〈Wirtschaftsformation〉という概念をつくり,それを中心にした地理学研究法を提唱して斯学の発展に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワイベルの関連キーワードアルダーサウアーサラムハーツホーンペンクボン大学リヒトホーフェントロルハッシンガーブリュックナー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone