コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイマラナー[種] Weimaraner

1件 の用語解説(ワイマラナー[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワイマラナー[種]【Weimaraner】

原産地がドイツの鳥獣猟犬。ドイツ帝国華やかな19世紀初期に,ワイマールの貴族たちが独占していたイヌで,長い間世界に知られなかった。体形はジャーマン・ポインターに似ているがやや大がらで,より頭蓋の幅が広く,あごも張っていて,いかめしさを増した風貌をもつ。被毛は短く,毛色はグレー1色で,シルバーライトダークブルーなどの輝きがあり,なかでもブルー・グレーは紫に輝くといわれる美しさがある。目はライト・アンバーといわれる明るい虹彩(こうさい)をもつのが特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワイマラナー[種]の関連キーワード小ドイツ主義ドイツ帝国西ドイツ東ドイツドイツ鯉統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツの小さな町南ドイツ冷血種 (South German Cold-blood)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone