ワイヤーフレームモデル(読み)わいやーふれーむもでる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワイヤーフレームモデル

コンピューターグラフィックスの3D表示方法のひとつ。線だけで作成した立体物のことで、立方体などは各辺だけ線で表示し、曲面はメッシュ状に並べた曲線で表示する。情報量が少ないため、高速に表示できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android