コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイラウ乱闘 ワイラウらんとうWairau Affray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイラウ乱闘
ワイラウらんとう
Wairau Affray

1843年ニュージーランドのマオリ族の一部と白人入植者とが衝突した事件。人種対立の発端となった。南島のワイラウ地区を買収したと主張するニュージーランド会社の測量技師が,その買収を認めないマオリ族に測量地からの立ちのきを余儀なくされたため,マオリ族の首長テ・ラウパラハとテ・ランギハエアタを逮捕しようと約 50人の入植者が現地に向い,同年6月 17日約 90人のマオリ族と対決した。マオリ側は問題を討議の場に移すことに同意したが,発砲が起り,テ・ランギハエアタの妻が射殺された。激怒したマオリ族は入植者に襲いかかり,隊長も含め 22人の入植者を殺害,4人のマオリ族が死亡。総督 R.フィツロイは調査の結果,マオリ側に理を認めたが,両者間の緊張は強まっていった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワイラウ乱闘の関連キーワードライトアママンアレキサンダーウィルソンウェルニヒエスヘルエルドリッジグリーンコッホサトー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android