ワイラカイト(英語表記)wairakite

世界大百科事典 第2版の解説

ワイラカイト【wairakite】

ワイラケ沸石ともいう。Ca型の方沸石。化学成分CaAl2Si4O12・2H2O。方沸石との間には広範囲の固溶体関係があるが,一部に不連続の部分も存在する。単斜晶系に属し,偽八面体の外形を示すが塊状となる場合も多い。比重2.56,モース硬度5.5~6。ガラス光沢。ニュージーランドのワイラケ地熱地帯より発見され,その名がつけられた沸石である。日本各地の地熱地帯,熱水変質岩,熱水鉱床にも産出する。【湊 秀雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android