ワサビタケ(山葵茸)(読み)ワサビタケ(英語表記)Panellus stypticus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワサビタケ(山葵茸)
ワサビタケ
Panellus stypticus

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。ヒメカワキタケ (姫皮黄茸) の名もある。夏秋の頃,広葉樹の腐木や古い切り株上に多数重なって生える。傘は径1~2cmぐらいで腎臓形。縁は下方に強く巻いている。表面は淡肉桂色または材木色,やや革質。ひだは密で互いに連絡する。帯黄色または淡肉桂色。柄は長さ2~4mmで側生し,傘の面と同色またはその淡色。胞子紋は白色。辛みが強く食用にはならない。北海道,本州,九州に産し,北アメリカ,ヨーロッパ,シベリア,小アジア,オーストラリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android