コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシントンコンセンサス Washington Consensus

デジタル大辞泉の解説

ワシントン‐コンセンサス(Washington Consensus)

米国政府・IMF世界銀行などワシントン本拠を置く機関の間で1990年前後に成立した、開発途上国に対する政策に関する合意。財政規律の回復、税制改革、価格・貿易・金利の自由化、規制緩和民営化の推進などを柱とする、市場原理主義新自由主義的な政策パッケージ。旧ソ連・中東欧諸国も市場経済への移行に際し、支援・融資の条件として受け入れた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ワシントンコンセンサスの関連キーワードワシントン・コンセンサス北京コンセンサス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワシントンコンセンサスの関連情報