コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシントン・コンセンサス(Washington consensus)

外国為替用語集の解説

ワシントン・コンセンサス(Washington consensus)

ワシントンに本部を持つIMF・世界銀行などとアメリカ政府で共有されていたコンセンサスで、1990年代の途上国についての経済政策に関する正統的な考え方。東南アジアの経済危機、ロシアの経済危機に対して、このコンセンサスに基づいて行われた世界銀行・IMFが施した処方箋は適切なものではなかったとの批判がある。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

ワシントン・コンセンサス(Washington consensus)の関連キーワードワシントン・コンセンサス北京コンセンサス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android