コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワタノメイガ(棉野螟蛾) ワタノメイガNotarcha derogata

世界大百科事典 第2版の解説

ワタノメイガ【ワタノメイガ(棉野螟蛾) Notarcha derogata】

鱗翅目メイガ科の昆虫。翅の開張2.5~3cm。体・翅とも淡黄色。翅には灰褐色横線が3~4本あり,横脈上と前翅中室内に環状の紋がある。外縁は黒褐色線で縁取られている。ほとんど日本の全域から隣接大陸,アジアの熱帯,亜熱帯からオーストラリアに広く分布している。年2~3回の発生で,成虫はよく灯火に飛来する。幼虫はアオイ科ワタフヨウムクゲ,アオギリ科やゴマノハグサ科のキリなどの葉を食べる害虫とされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android