ワチェット(英語表記)Uachet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワチェット
Uachet

エジプト神話の女神。下エジプト,特にブートの守護処女神。オシリス伝説によると,彼女は,夫オシリスを弟セトに殺されたイシスの子ホルスをケムニの漂える島に迎え入れて保護したという。そのため,のちにアポロンの母レトと同一視される。またへびの女神として,ときに翼や王冠をもつコブラの姿で表わされる。北部地帯を示す赤い冠を頭上やあるいはハゲワシ形のかぶりものの上に戴く女の姿で表現されることもしばしばある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android