コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッガール Waggerl, Karl Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワッガール
Waggerl, Karl Heinrich

[生]1897.12.10. バートガスタイン
[没]1973.12.4. ザルツブルク
オーストリアの小説家。貧しい大工の家に生れ,種々の職業についた。第1次世界大戦中イタリアで捕虜となる。戦後,教職を経て文学に入り,ノルウェーの作家 K.ハムスンの影響のみられる処女作『パン』 Brot (1930) で成功を収めた。移民を扱った農民小説で,以後,農村と都会の対立が作品の基調となる。ほかに『主の年』 Das Jahr des Herrn (33) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワッガールの関連キーワード国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学オールコックカンドウ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android