ワットベンチャマボピット(英語表記)Wat Benchamabophit

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットベンチャマボピット【ワットベンチャマボピット】
Wat Benchamabophit

タイの首都バンコクにある仏教寺院。◇正式名称は「ワットベンチャマボーピットドゥシットワナーラーム=ラーチャウォーラウィハーン」。この寺院の創建年代は不詳だが、1899年ラーマ5世の命により現在の本堂が建立された。その際、イタリアのカラーラ産の大理石が建材として使用されたことから、「大理石寺院」とも呼ばれている。漆(うるし)と金で装飾された大梁(おおばり)が目を引く本堂には、ピサヌロークワットプラシーラタナマハタートのチナラート仏を模した本尊仏が安置されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android