ワディム レーピン(英語表記)Vadim Repin

現代外国人名録2012の解説

ワディム レーピン
Vadim Repin


国籍
ロシア

専門
バイオリニスト

本名
Vadim Viktorovich Repin

生年月日
1971/8/31

出生地
ソ連 ロシア共和国ノボシビルスク

経歴
5歳からバイオリンを習い始め、ノボシビルスク音楽院付属学校に進み、オイストラフの孫弟子に当たるザハール・ブロン教授に師事。15歳でカーネギーホールにデビューし、キーシンやヴェンゲーロフらと共に20世紀後半に一大センセーションを巻き起こした。1989年17歳の時、史上最年少でエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝。ドイツを本拠に演奏活動を展開。2007年ドイツ・グラモフォンとの専属第1弾としてウィーン・フィルと「ベートーベン協奏曲」を出し、2008年には「ブラームス協奏曲」「ブラームス二重協奏曲」をリリース。1987年以後度々来日。

受賞
エリザベート王妃国際音楽コンクールバイオリン部門第1位〔1989年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワディム レーピンの関連情報