コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワニグチソウ(鰐口草) ワニグチソウPolygonatum involucratum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワニグチソウ(鰐口草)
ワニグチソウ
Polygonatum involucratum

ユリ科の多年草。北海道から九州にいたる温帯の草原にみられる。全体がナルコユリに似ているが,花の基部に2枚の包葉をつける特徴がある。茎の高さ 30cm内外。葉は楕円形で先が急に細くなるが,先端はとがらない。葉の下面は粉のついたように白い。初夏,葉腋から花柄を出して普通2個の白い鐘状の花をつける。花弁の先のほうは緑色となり,大きく開くことはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワニグチソウ(鰐口草)の関連キーワードユリ科

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android