コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラスボ(藁須坊) ワラスボgreen eel goby

世界大百科事典 第2版の解説

ワラスボ【ワラスボ(藁須坊) green eel goby】

スズキ目ハゼ科ワラスボ属の魚。インド,東南アジア,中国,朝鮮半島に広く見られるが,日本では有明海のみに分布する。佐賀でジンギチと呼ぶ。体は細長く,ウナギ型をしており,背びれ,尾びれ,しりびれが連なっていて境目がはっきりとしない。腹びれは左右が合して吸盤を形成する。頭にも体部にもうろこがない。眼が非常に小さく,皮下に埋没している。干潟の軟泥中に複数の出口をもった孔を掘り,その中に生息する。各孔道は互いに連絡し,最深部では垂直になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android