コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラスボ(藁須坊) ワラスボ green eel goby

1件 の用語解説(ワラスボ(藁須坊)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワラスボ【ワラスボ(藁須坊) green eel goby】

スズキ目ハゼ科ワラスボ属の魚。インド東南アジア,中国,朝鮮半島に広く見られるが,日本では有明海のみに分布する。佐賀でジンギチと呼ぶ。体は細長く,ウナギ型をしており,背びれ尾びれ,しりびれが連なっていて境目がはっきりとしない。腹びれは左右が合して吸盤を形成する。頭にも体部にもうろこがない。眼が非常に小さく,皮下に埋没している。干潟の軟泥中に複数の出口をもった孔を掘り,その中に生息する。各孔道は互いに連絡し,最深部では垂直になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワラスボ(藁須坊)の関連キーワードクサヤモロブリマアジハゼ藁素坊顎沙魚沙魚アカゼインドマグロマルアジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone