コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルデック・ルソー Pierre Marie René Waldeck‐Rousseau

1件 の用語解説(ワルデック・ルソーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワルデック・ルソー【Pierre Marie René Waldeck‐Rousseau】

1846‐1904
フランスの共和派政治家。弁護士活動を経て1879年に下院議員となり,81年から85年まで内相を務め,労働組合を公認する職業組合法を84年に制定させた。94年から上院議員ドレフュス事件にともなう政治危機収拾のため,99年に〈共和政防衛〉内閣を組閣,首相兼内相となる。右翼ナショナリストを抑え,1901年には結社法を制定して,政教分離法実現への道ならしをした。【福井 憲彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワルデック・ルソーの関連キーワードコンスタンジョレス第四共和政ミッテランサルコジ第一共和制第二共和制LAティエールシャルル・ド・ゴールマンデスフランス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone