コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルデック・ルソー Pierre Marie René Waldeck‐Rousseau

世界大百科事典 第2版の解説

ワルデック・ルソー【Pierre Marie René Waldeck‐Rousseau】

1846‐1904
フランスの共和派政治家。弁護士活動を経て1879年に下院議員となり,81年から85年まで内相を務め,労働組合を公認する職業組合法を84年に制定させた。94年から上院議員。ドレフュス事件にともなう政治危機収拾のため,99年に〈共和政防衛〉内閣を組閣,首相兼内相となる。右翼ナショナリストを抑え,1901年には結社法を制定して,政教分離法実現への道ならしをした。【福井 憲彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワルデック・ルソーの関連キーワードバイヤン(Edouard Marie Vaillant)コンブ(Emile Combes)ドレフュス事件(フランス史)フランス史(年表)ヨセフ カイヨーA. ミルランミルランカイヨージョレス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android